不眠症の原因と症状|治し方は?

不眠症の原因と症状|治し方は?

「ふとんに入って目を閉じてもなかなか寝付けない」「身体はクタクタに疲れているのに、頭が冴え過ぎて眠れない」、そんな経験は誰にでもあるもの。

でもそれが毎日のように続いてしまっているとしたら…心身ともに疲労感が増してしまって、「また眠れない夜が始まってしまう」と悩むようになり、不眠症になってしまうことも。

こちらの記事では、つらい不眠症の原因や症状、治し方などについてご説明します。

不眠症の症状とは

不眠症の症状とは大きな定義でいうと、不眠症とは「眠れない」という意味だけではなく、「しっかりとした睡眠がとれず、日常生活に支障を及ぼしてしまう症状」のことを表しています。

不眠症の症状には、眠りのパターンなどによって、大きく分けて4つのタイプがあるんですよ。

なかなか寝付けない

専門用語では「入眠障害」といわれている、「なかなか寝付けない」という症状です。一般的には、ふとんに入って目をつぶると、多くの人は30分以内には眠ってしまうものです。

でも、もしふとんに入っても2時間以上寝付けないという場合には、「入眠障害」と呼ばれる状態にあると考えられます。

途中で目が覚めてしまって、そのあと眠れない

年配者に多い「寝付くことはできても、夜中に目が覚めてしまって、そのあと眠れなくなってしまう」という症状は、「中途覚醒」と呼ばれています。

物音がした時や、体調が優れない時など、誰でも途中で目が覚めてしまうことはあるものですが、そのあと寝付けなくなってしまったり、一晩に何度も目が覚めてしまうような場合には、「中途覚醒」と呼ばれる状態にあると考えられます。

早朝に目が覚めてしまう

「朝早くに目が覚めてしまう」という症状は、お年寄りなどの高齢者の方によく見られます。

加齢によって、「朝早くに目が覚めてしまう」ことは、ある程度は自然なことなのですが、その後に寝付けなくなってしまったり、疲れがとれていないと感じる場合には、「早朝覚醒」と呼ばれる状態であることが考えられます。

眠りが浅くて疲れがとれない

「眠れてはいても、うつらうつらとしていて夢ばかり見てしまう」、「眠ったはずなのに、全然疲れが取れていない」という場合には、「熟眠障害」の可能性があります。

このような症状があっても、全員が不眠症というわけではありません。不眠症とは、「眠れないという症状のために、日常生活に支障をきたしているかどうか」で判断されます。

不眠症の原因とは

不眠症の原因とは疲れが取れていないまま、翌朝を迎えてしまうのはつらいものですよね。

では、不眠症には、どのような原因が考えられるのでしょうか?

強いストレス

不眠症の原因の中で、多く見られるのが、精神的な強いストレスです。仕事や家庭などでイライラすることがあったり、強く悩んでしまったりしているときには、それが原因となって不眠症になる場合があります。

自分でストレスを感じていると思っていなくても、知らないうちに溜め込んでしまっているという場合もあります。

体内時計の乱れ

夜遅くまでテレビを見ていたり、パソコン作業をしていたりすることは、体内時計の乱れに繋がると考えられています。

また、昼夜逆転してしまいがちな職業の人も、体内時計の乱れが置きやすい状況にあります。

身体の疾患

身体の病気を抱えている場合だけでなく、「痛い」「かゆい」「息苦しい」といった感覚が強い場合には、不眠症になってしまう場合があります。

このような場合には、不眠症を治す前に、その原因となっている症状に対処することが大切です。

精神的な疾患

不眠症で悩んでいる場合、背後に何らかの精神疾患が隠れている場合があります。

うつ病や双極性障害(そううつ病)、統合失調症などを伴っている場合には、その治療をすることが大切です。

飲んでいる薬の副作用

日常的に服用している薬の副作用として、不眠症が起きる場合もあります。

病院から処方されている薬であっても、「ステロイド剤」「抗うつ薬」「降圧剤」「甲状腺治療薬」などを服用していて、不眠症状に悩む場合には、医師に相談してみたほうがよいでしょう。

アルコールやカフェイン

カフェインの含まれている食品や飲み物を、寝る前に摂取してしまうと、寝つきが悪くなってしまうことは良く知られていますよね。

また、一般的には「アルコール中毒症」と呼ばれている、アルコールに依存してしまっている状況の場合には、アルコールなしでは眠れなくなってしまうことがあるので、注意が必要です。

加齢

お年寄りは、かなり早朝から起きている人をよく見かけますよね。睡眠をつかさどっているホルモン「メラトニン」は、10代をピークに減少していってしまうものであり、加齢による不眠症は自然なことです。

ただし、不眠症によって日常生活の質が明らかに下がっている場合には、気をつける必要があります。

不眠症を治すには

不眠症を治すには不眠症の原因は、人によって様々あるものです。はっきり自覚できる原因もあれば、不眠の原因になっているとは思ってもいなかった、ということもあるかもしれません。

では、そのつらい不眠症を治すためには、どうしたらよいのでしょうか?

起床時間・寝る時間を決めて、体内時計のリズムの乱れを整える

不規則な仕事に就いている人、夜遅くまでスマホやPCを操作している人などは、どうしても昼夜が逆転してしまいがちです。そういった場合に大切なのは、「同じ時間に起床して、決まった時間に寝る」という習慣を作ることです。

そうすることによって、体内時計のリズムの乱れを整えていくことができますよ。

タバコ・カフェイン・アルコールの摂取を控える

タバコ・カフェイン・アルコールは、好きな人も多い嗜好品ですよね。

タバコを吸ったり、アルコールを飲むことでストレスを発散しているという人も多いかもしれません。でもこの3つの嗜好品は、どれも不眠を引き起こしてしまう可能性が高いものなので、極力控えるようにしましょう。

40度~42度くらいのぬるめのお風呂にのんびり浸かる

忙しいからといって、シャワーだけで入浴を済ます人も多いものですが、40度~42度くらいの心地よいぬるま湯に浸かることは、安眠にも繋がります。

浴槽にのんびり浸かりながら、瞑想したりするのも効果的ですよ。

眠れないときは、思い切ってベッドから離れる

ベッドに入って眠れない時には、「なんとかして眠らなくては」という気持ちが強くなってしまって、悶々としてしまうもの。

でもそういった状況のときに、そのまま寝付けることはほとんどありません。そんな場合には、思い切ってベッドから離れて、自分が好きなことをやってみてはいかがでしょうか。

一度「眠らなくては」という思いから物理的に離れて、眠くなってきたと再び感じたら、ベッドに入るようにしてみてください。

医療機関を受診する

長い期間に渡って、眠れない、寝付けない日々が続いている、あるいは、眠れないことによって日常生活に大きく支障をきたしているという場合には、医療機関の受診をおすすめします。

医療機関では、薬物療法だけでなく、心理療法や認知行動療法を取り入れた効果的な治療が受けられます。

自分ではどうしようもできない、と感じてしまうほど悩んでいる場合には、一度医療機関を受診してみてはいかがでしょうか?

睡眠サプリ 口コミ

関連記事

「睡眠呼吸障害」の症状と原因|治療方法は?

「睡眠呼吸障害」の症状と原因|治療方法は?

過眠症の症状と原因は?うつとの関係性について

過眠症の症状と原因は?うつとの関係性について

概日リズム睡眠障害とは?原因と治し方

概日リズム睡眠障害とは?原因と治し方