睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

睡眠不足、たった1日眠れないだけでも「ああ、もうだるい、頭が働かない」なんて感じたことがある方は少なくないどころか皆さん経験が1回はありますよね。

しかし、この睡眠不足が続いてしまうと、この状態はもっとひどくなってしまいます。

では、どうして睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのだろうと考えたことはありますか。これにはもちろん当然理由があるからなのですが、ここでは、その原因を見ていきましょう。

それと同時に、睡眠不足で頭が働かなくなってしまった時の対処法などをご紹介したいと思います。今まさに頭が働かなくなっているという方は必見の内容です。

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまう理由を見てみよう

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまう理由を見てみようたった1日でも睡眠不足になると本当に頭が働かなくなり、仕事でいつもミスなんてしないのに、どうでもよいことでミスをしてしまったり、仕事をしようと思ってもなかなか手につかず、やるべきことが時間内に終わらないなんて言うことがありますよね。

そうなってしまっては社会人として失格というレッテルを貼られてしまいます。

では、どうして睡眠不足になると頭が働かなくなってしまうのかということをここでは見ていきたいと思います。

グルコースが減少してしまう

まず1つ目は、睡眠不足になると、グルコースというものが減少してしますのです。グルコースは一体どんな働き化をするのかというと、小腸から吸収されるもので、そこを経て、体の中でメインとなるエネルギー源に使われているものなのです。

中でも通常時の脳のエネルギー源として使われるのがこのグルコースです。そんなエネルギー源が睡眠不足で不足してしまえば、当然脳の働きが低下するのは当然ですよね。

ですので、たった1日の睡眠不足であっても、頭の働きが鈍くなってしまうのです。

脳内の掃除ができないため

脳は、人間が生活していく中で、すべての司令塔となっている部分です。

ですので、この脳は、皆さんは全く感じることはないでしょうが、実は常にフル回転で動いており、そのため老廃物もたまりやすい場所なのです。

老廃物がたまったままの状態では、脳は正常に働きません。では、どうすればよいのかというと、この時に大切なのが、睡眠なのです。睡眠することによってグリンパティック系細胞が働き、この時に脳をリフレッシュしてくれるのです。

しかし、睡眠できないとなると、この細胞が働く間もないので、どうしても脳に老廃物がたまってしまい、脳の働きが鈍くなるのです。

胃袋に食べ物が詰まっていたら動けなくなるのと同じことです。

睡眠不足→ストレス→血行悪化

体の中には血液が巡っており、この血液は命とも言ってよいものです。例えば、この血液の流れが悪くなれば太りやすくなったり、白髪もできやすく、それに、冷え性などで悩むなど、とにかく、体のいたるところにダメージを与えます。

睡眠不足によって起こることは、まず、寝れないというストレス、寝れないので疲れがたまりっぱなしになり、そのことで余計ストレスがたまり、血管が縮小してしまうのです。

そのため、血行が悪化し、脳にまで血液が十分に行き渡らないので、脳の働きが低下してしまうのです。

睡眠不足で頭が働かなくなってしまったらどうする?

睡眠不足で頭が働かなくなってしまったらどうする?睡眠不足で頭が働かなくなっても、特に社会人の場合は、どうにかして働かなかせればいけませんよね。

そのためにはやはり睡眠をしなければいけないのです。「そんなのわかっている、睡眠ができないから困っているのじゃないか!」と、思われる方もいますよね。

そこで、睡眠不足で頭が働かなくなって困らないように、この症状に悩まされた時にやっていただきたいことを3つご紹介しますので、早速今夜から実践してみてください。

体を疲れさせてみよう

体を疲れさせてみてください。もしかしたら、普段は疲れたと感じていても、実は同じ態勢をしていたから疲れただけだったり、気持ち的につかれているだけかもしれません。

もっと体を疲れさせるのです。

そのためにはやはり運動がベストで、日頃から運動している方の場合は、もうちょっとハードな運動をしてみましょう。

そして、普段は全く運動をしていないという方は、家から最寄り駅までを今までバスで行っていたのを自転車や徒歩で行く、もしくは、もう1駅先まで徒歩で行くなどするだけで、運動量は変わります。

そして、普段運動していない方はこれだけでかなり疲れるので、ぐっすりと眠ることができます。ただし、寝る直前に運動すると、逆に体が起きてしまい、眠れなくなるので、必ず、寝る2時間前までには運動を終わらせておきましょう。

睡眠サプリに頼ってみよう

眠れないと思ったら、睡眠サプリに頼ってみてはいかがでしょうか。

睡眠サプリは睡眠薬と異なり、体に不足した栄養素を吸収して、眠りやすい体にしていくというものです。そのため、薬ではありませんし、これによって、あなたに不足しているほかの栄養素も補うことができるというメリットがあります。

病院などに行って処方箋をもらう必要もありませんし、「睡眠サプリを飲んだからこれで寝れる」という安心感から、すんなりと眠りにつながっていくケースもあるので、ぜひ利用してみてください。

睡眠サプリランキングはこちらから。

>>オススメの睡眠サプリ<<

睡眠サプリがだめなら睡眠薬を利用しよう

睡眠サプリを遣ってみたけどそれでも眠れなかったという時は、ずっと脳の働きがが低下していると、色々な場面で支障をきたしますので、睡眠薬の導入を考えましょう。

そのためには医師の元に相談しに行ってください。

もしかしたら、睡眠薬に頼るレベルではなく、あなたの体を改善すれば睡眠不足は解消されるということもあるので、それに合った薬を処方してくれるかもしれませんので、重度の睡眠不足にお悩みの方はぜひ、病院へ行ってください。

睡眠不足で頭が働かなくならないようにするためには

睡眠不足で頭が働かなくならないようにするためにはそもそも、睡眠不足で頭が働かなくならないように対処していくことの方が大切なことであり、こうすることで、良質な睡眠をとれます。

ですので、睡眠不足で悩んでいる人以外も使っていただきたいおすすめの方法があるのでご紹介したいと思います。

食生活、生活リズムを正していこう

体の源ともなる食事に関しては、バランスの良いものをとっていくことはもちろん、その回数なども考えていきましょう。

1日3回が基本ですが、それが自分に合わないのであれば、1日1回(一気に大量のごはんを朝に食べる)とか、1日5回くらいに分けて食べるなど、自分に合った食生活を見つけましょう。

高脂質高カロリーの食事は基本的に避け、肉料理でも油で焼くのではなく、蒸すなど調理法を変えるだけで体にはかなり違いが出てきます。

また、生活リズムも、できるだけ時間に合わせた行動をすることで、寝る時間も整い、体もそれに合わせてその時間に眠気が出てくるようになりますよ。

運動も適度にしよう

上記でも述べたように、血液の流れが悪くなると頭も働かなくなりますし、眠気だって起きなくなります。ですので、適度に日頃から運動をしましょう。

1日30分歩くだけでも体には効果的ですから、意識して運動、もしくは歩く時間を増やすだけで、血行が良くなり健康に、そして、体が疲れて眠りやすくなるので、毎日の運動を心がけてください。

睡眠サプリ 口コミ

関連記事

NO IMAGE

睡眠不足は病院の何科に行けばいいのか?費用など

NO IMAGE

音楽で快眠できる?睡眠と音楽の関係性とは?

NO IMAGE

寝言が多い人と少ない人の特徴|病気の可能性は?

NO IMAGE

寝汗をかくのは良いこと?悪いこと?寝汗がひどくなる原因について

睡眠の質を向上させるには何が効果的?

睡眠の質を向上させるには何が効果的?

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

NO IMAGE

睡眠不足で生理周期が乱れる可能性!睡眠不足と生理の関係性

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

レム睡眠とノンレム睡眠の違いとは?