音楽で快眠できる?睡眠と音楽の関係性とは?

私達の身の回りにある音楽には心を動かす作用があります。

自分好みのノリの良い音楽を聴けば自然と気分も高揚してきますし、悲しい音楽を聴けばどことなく気分も落ち着くもの。

心に作用するということは脳に作用しているということなので、つまるところ私達には音楽の影響を受ける仕組みがあるのです。

そして睡眠時にも音楽を活用することは可能です。といっても服薬などの物理的な対処方法より明確な効果は得にくく個人差もあるといえるでしょう。

ただ何のリスクもなく睡眠改善に取り組めるわけですからやってみて損はありません。もちろん音楽が好きな方にとっては是非とも試してみたい取り組みといえます。

早速、音楽と睡眠の関係性についてチェックしていきましょう。

睡眠における音楽の2つの用途

音楽を睡眠導入剤のように使う際、次の2つの項目について考えて選曲してみると良いでしょう。

・ストレスから意識をそらす
・鎮静効果を期待する

まず、睡眠時に昼間受けたストレスや将来の不安といったものを思い浮かべてしまい眠れなくなる場合、それらから意識をそらす必要があります。

こうしたストレスはどうしても1度考えてしまうと意識がもってかれてしまいますし、解決策が無い場合は考えてもしょうがありません。

というわけで意識をそらしてくれるようなお気に入りの音楽を聴いてみるとそちらに集中できるようになるでしょう。

それから睡眠時に何となく眠れない場合は鎮静効果が期待できそうな音楽を聴くと良いかもしれません。

いわゆるテンポが遅かったり自然音が入ったゆったりとした音を聴くのです。日常では耳にすることのない落ち着いた音は自然と心を落ち着かせてくれるでしょう。

好きな音楽が逆に覚醒させることもある

自分の好きな音楽は必ずしも睡眠に良い影響を与えてくれません。

例えばテンポの速いポップスやロックは自然と体が動いてしまいますし、重低音の強いEDMやヒップホップなども物理的に耳を刺激することになるでしょう。

こうした音楽は一般的には睡眠には適していないということができます。ただそれはあくまで一般的な話であって、習慣になるほど聞き込んでいる方にとってはまた異なる効果を与えるでしょう。

好みの音楽と嫌いな音楽の効果

世の中には様々な音楽が存在し、個人によって好きな音楽と嫌いな音楽は異なります。ある人にとってその曲がこれ以上無いほど心地良かったとしても、他人にとっては雑音になりかねません。

極端な例ですが、ノイズミュージックは好き嫌いが極端に分かれるはずです。

自分が好きな音楽は心地良さを生み出しますが、嫌いな音楽はむしろストレスを与えてしまいます。そのため無理をして嫌いな音楽を睡眠時に聴くことはおすすめできません。

また、興奮をもたらすような音楽であっても聴きこんでいる方ならかけたまま心地良く眠れるものです。眠るのは自分なので、自分に合った睡眠用の音楽を探してみましょう。

自然の音を聴くことで心が落ち着いていく

科学的に完全に証明されたわけではありませんが、私達には自然の音を聴くと心が落ち着く習性が備わっているようです。

例えばセミの鳴き声、梅雨の雨の音、川のせせらぎ、森の木の葉が揺れる音など、そういったものを聴くとどこか懐かしさを伴って心が穏やかになっていきます。

一説によるとこれらには人工的でない「1/fのゆらぎ(エフぶんのいちのゆらぎ)」というものが含まれているからだと言われているのです。

1/fのゆらぎというのは簡単にいえば「規則性と不規則性が混ざったもの」となります。音楽以外のものにも使われる言葉で、例えば、強弱のあるそよ風やろうそくの光のゆらめきなども1/fのゆらぎをもっているのです。

音楽ではセミの鳴き声の場合、ずっと鳴き声自体はしているものの強弱があり若干ランダムな響きが聞こえるでしょう。

そういった均一ではない音の流れを聞くと私達はどこか癒されるとのことですが、実のところ若干疑問が残ります。

不快な1/fのゆらぎはストレスになるはず

例えば黒板を引っかく音や金属の激しい衝突音、または金切り声や怒声を1/fゆらぎのように強弱をつけつつ一定のリズムで聞くとしましょう。恐らく耐え難い不快な気分になるはずです。

自分を叱責する声が森のざわめきのように四方八方から聞こえてきたならそれは悪夢そのものとしかいいようがありません。

そのため1/fのゆらぎというのは全ての音に適用できるものではないのです。

懐かしい音が落ち着かせてくれる

1/fのゆらぎはあくまでもそういった不規則性と規則性の混ざった音が自然界に多いというだけの話として考えておくのが無難でしょう。

ではなぜそうした自然の音を聴くとどことなく落ち着くのかというと、それはストレスの無い空間の記憶や想像と関連付けられるからと考えることができます。

例えば小川のせせらぎや木の葉の擦れる音を聴いて心地良さを感じるとき、そこにストレス源は存在しないはずです。逆にストレス源が存在する際の環境音を聴くと居心地は悪くなるでしょう。

自然音はこのように、私達をストレスから解放された世界に導いてくれるからこそ心地良いのかもしれません。

睡眠に相応しい音楽は個人によって異なる

いつの頃からか、睡眠導入用のコンピレーションが販売されるようになりました。それらには主にクラシック音楽やヒーリング音楽と呼ばれるものが収録されているものです。

ですがそうした音楽を好まない方というのももちろん存在しており、逆に雑音として感じるのも不思議なことではありません。

例えば嫌いな人物がヒーリング音楽を愛好していれば「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という言葉もあるようにヒーリング音楽を嫌いになることもあるでしょう。

嫌いになる対象が楽曲か、アーティストか、ジャンルか、それとも音楽自体にまで発展するかは個人によります。つまるところ、一般的に癒されるとされる音楽が自分に合うとは限らないのです。

それまでの人生経験や音楽遍歴などを積み重ねることで音楽の嗜好は変化したり固定したりします。自分にとって心地良い音楽は自分にしか分からないのです。

ただ人と繋がるという意味で音楽を聴く場合はまた異なるかもしれません。

共通の音楽を聴いているという安心感

音楽にはコミュニケーションを取るための道具という側面もあります。話題のアーティストの曲を友人や恋人、もしくはSNS上の他人と体験を共有することで一体感を味わうことができるのです。

もしこうした要素に落ち着きを感じるのであれば、コミュニティ内で評判の良い音楽を探ってみると良いかもしれません。

このような態度は音楽を通した向こう側にあるコミュニティへと意識が向けられているといえます。楽曲自体に魅力を感じるわけではないので、睡眠時には音楽を聴きつつコミュニティの事を想像しながら眠ると良いでしょう。

自分が本当に求めている音楽を探そう

好きな楽曲は人によって違います。

また楽曲自体が好きなのか、それともその楽曲を好んでいるコミュニティが好きなのか、はたまたその楽曲を聴いて思い出す過去や想像上の世界が好きなのか色々と好きの形も違うものです。

もしかしたらそれらの「好き」がいくつも組み合わさっているのかもしれません。

こうした個人の嗜好はやっぱり自分で突き詰めたいところ。本当は自分が何が好きなのか考え抜いてみましょう。

そうすれば自然と睡眠時に聴きたい楽曲も見つかるはずです。

睡眠サプリ 口コミ

関連記事

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

NO IMAGE

寝汗をかくのは良いこと?悪いこと?寝汗がひどくなる原因について

NO IMAGE

寝言が多い人と少ない人の特徴|病気の可能性は?

NO IMAGE

睡眠不足は病院の何科に行けばいいのか?費用など

NO IMAGE

睡眠不足で生理周期が乱れる可能性!睡眠不足と生理の関係性

レム睡眠とノンレム睡眠の違いとは?

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

睡眠の質を向上させるには何が効果的?

睡眠の質を向上させるには何が効果的?