CATEGORY:睡眠障害の症状

睡眠障害の種類と症状について

睡眠障害の種類と症状について睡眠障害という言葉は皆さんも聞いたことがあるでしょう。おそらく睡眠があまりできないことなのだろうなということはこの文字から想像できるかと思いますが、その中身とは一体どんなものなのでしょうか。

実は、睡眠障害といっても、色々な種類があり、それによって症状が異なりますので、ここではその違いなどについて見ていきましょう。

もしかしたら今睡眠に関して不安を抱えている方は、睡眠障害かもしれませんので、ぜひこちらを参考にして自己診断してみてはいかがでしょうか。

睡眠障害の主な種類とそれぞれの症状はどんなもの?

睡眠障害の主な種類とそれぞれの症状はどんなものただ単に眠れないということだけが睡眠障害ではないのです。睡眠障害には様々な種類があるということをここでは知っていただきたいと思います。

そして、それぞれの睡眠障害の種類のよってそれぞれの特徴・症状がありますので、それについてもここでは見ていきましょう。

最近、睡眠状態が今までと全く異なるという方は、ここでどんな症状なのかをチェックして、自分に当てはまっていないか見てみてくださいね。

不眠症

睡眠障害という言葉を聞いて、真っ先に皆さんが思い浮かぶ睡眠障害の種類と言えばこれではないでしょうか。それが不眠症です。不眠症の症状としてよくあるのが、眠れませんから、イライラがたまるのは当然ですよね。

そのため気分障害が出る可能性が高いのです。例えば、ストレスや不安、抑うつなどといった状態になります。

また、睡眠というのは、体をゆっくり休めて、また明日からもしっかりと活動するためのものですが、それができないと健康状態は当然悪化してきます。

例えば、喘息や糖尿病、それに心臓病にかかったりと、命にかかわることがあるので、不眠症の方は特に注意しなければなりません。

不眠症の原因と症状|治し方は?
「ふとんに入って目を閉じてもなかなか寝付けない」「身体はクタクタに疲れているのに、頭が冴え過ぎて眠れない」、そんな経験は誰にでもあるもの。 ...

過眠症

きっちりと十分に寝ているにもかかわらず、日中も強く眠気に襲われることがある方は要注意です。しかも、既にこの眠さが日常生活に支障をきたしているという方、これは、睡眠障害の1つである過眠症の症状となります。

例えば、運転中にこんな症状が襲ってきた場合、あなただけでなく、他のドライバーにも迷惑をかけることになるので、これも決して笑えるような症状ではないのです。

過眠症の症状と原因は?うつとの関係性について
夜十分な睡眠をとっていても日中強い眠気に襲われてしまう、大事な会議や試験の最中でも居眠りしてしまう。こんな症状にお悩みの場合、過眠症の疑いがあり...

概日リズム睡眠障害

昼と夜のサイクルと体内時計のリズムが合っていないため、自分が寝たいと思う時間に眠れないことが多くなります。そのため、日中の活動に支障をきたすことがあります。

要は生まれたての赤ちゃんのように、昼と夜の区別が体の中でできていないような状態になるということなので、これは、社会人として生活している方には特に支障をきたすことです。

概日リズム睡眠障害とは?原因と治し方
概日リズム睡眠障害という言葉をご存知でしょうか。人には生まれながらにして「概日リズム」すなわち体内時計のようなシステムが備わっています。日が昇っ...

睡眠呼吸障害

睡眠中に異常な呼吸の仕方をする方、これも睡眠障害の一種なのです。これを抱えている方は約1%程と少ないのですが、特に中年期に多く、圧倒的に男性の方がかかりやすくなっています。

睡眠中に何度も呼吸が止まってしうもので、自分ではそれを気づきにくいです。この睡眠障害にかかると、寝ている時にも窒息感があったりして何度も起きてしまいます。

それに、夜中に頻尿になったり、そんな状態が続きますから、日中に眠気に襲われるという症状が出てきます。

「睡眠呼吸障害」の症状と原因|治療方法は?
「睡眠呼吸障害」という言葉は、その漢字から、どのような障害なのかということはイメージしやすいものの、では具体的にどのような症状が起きるのか、とい...

どうして睡眠障害になってしまうのだろうか

どうして睡眠障害になってしまうのだろうか睡眠障害を抱えている方というのは、昔からいますが、最近では、睡眠障害を起こしやすいようなモノが増えたり(PCやスマホ、テレビにタブレットなど)しているので、昔よりも睡眠障害に悩まされている方は増えているということが言えます。

では、どうして睡眠障害になってしまうのだろうかと思いませんか。そこで、ここでは、睡眠障害になってしまう原因をいくつかご紹介したいと思います。

やっぱりストレスが大きい原因!

睡眠障害の原因について、皆さんもパッと思いついたかと思いますが、やはり、睡眠障害にかかる原因の最たる原因はストレスです。現代人の多くがこのストレスによって悩まされています。

これがひどくなると、睡眠障害だけでなく、鬱病を発生されている方も多く、職場に必ず鬱の方が1人はいると言われる世の中になってしまいました。ストレスを抱えていると考えこんで眠れなくなったり、眠るタイミングがおかしくなってしまいます。

その結果、睡眠障害になってしまうので、できるだけストレスを溜めない、そして、ストレス解消法を見つけておきましょう。

病気で眠れないことも

これは一時的なものに近い方もいるのですが、例えば、花粉が飛ぶシーズン、花粉症で、特に鼻に来るという方は、ずっと鼻水が詰まってて眠れないどころか、日中だって呼吸するのも大変な状態ですよね。

そういった方はこういう時期に睡眠障害にかかりやすいです。

また、かゆみを伴う肌の病気だとか、リウマチなどの病気を抱えている方というのも、その痛みやかゆみで眠れず睡眠障害になることがあります。

薬や飲み物から睡眠障害に

例えば、毎日アルコールを飲まれる方、必要以上にカフェインをとられる方、こういった成分は、眠りを妨げる原因ともなるものです。そのため、これらを日頃から摂っている方でなかなか心地よく寝られないという方がいるかと思います。

それは、こういったアルコールやニコチン、カフェインなどが睡眠障害をもたらしているのです。他にも、ステロイドなどの薬によって眠りにつけないという方もいます。

睡眠障害を治すためにはどうしたらいいの?

睡眠障害を治すためにはどうしたらいいの?では、睡眠障害を直すためにはどうしたらよいのでしょうか。

大体上記の原因を見れば何となくこうすればよいだろうというのがわかるかと思いますが、いくつかその方法をご紹介したいと思います。

現在、睡眠障害で悩んでいるという方は、早速これらの方法を試してみてください。徐々にあなたの睡眠障害も良くなっていくはずです。

バランスの良い食生活を摂ろう

体のバランスを整えるためにも、食事は大切なものとなります。そのため、食生活は偏ったものを食べるのではなく、野菜を多めに、そして、様々な栄養素がバランスよく撮れるような食事を毎日摂るようにしましょう。

基本は一汁一菜となりますので、それを意識した食事作りを心がけると、食べ過ぎも防げますし、食事バランスも良くなります。

運動をしっかりとしよう

しっかりとした睡眠をとるためには、寝る直前は運動をすると興奮状態になって余計に眠れなくなるので避けるということを絶対に意識しておいてくださいね。それ以外の時間に歩いたり走ったり、それに筋トレなどの運動を定期的にするようにしてください。

運動をすることで血行がよくなり、健康状態をキープできると同時に、ストレスを解消してくれる効果があります。体もリフレッシュして、心地よい眠りにつくことができますよ。

アルコールなどを抜いてみる

特にお酒やたばこ、それにコーヒーなどをよく飲んでいるという方、バッサリこれを辞めるというのはきついと思います。

なので、ちょっとずつ減らしていってみましょう。そうするだけでも体がスッキリとしてきますし、寝つきも徐々に良くなりますよ。

それでもだめなら病院へ

もう何をやっても睡眠障害が治らないという方、こういったかたは、ご自身で治そうと考え過ぎると、それがストレスになり、余計に睡眠障害を促進させます。

なので、その時は迷わず医師や専門家に相談するようにしましょう。